CONCEPT

CONCEPT

軽井沢への愛と、一人のアメリカ人女性の思いが詰まった歴史的建造物を残したいという強い想いから始まりました。

明治時代から軽井沢で夏を過ごしてきた一人のアメリカ人女性、エロイーズ・カニングハム。

音楽を愛し、軽井沢に親しんだ彼女が、音楽家を目指す若者たちのためのホールを建てました。
設計を担当したのは建築界の巨匠・吉村順三。30年余りの歳月を経て、青少年たちの夢を見守り続けたホールは雨風で傷み、取り壊しの危機に。

その夢と貴重な建築を守り、受け継ぐべく、2015年にカフェ&シェアハウスとして新たな物語が始まりました。

建物の改装も無事に完了し人気店に成長

ハーモニーハウスはELOISE’sCafeとして立派に変身し、このストーリーや人気No.1メニューである「宣教師の愛したフレンチトースト」が人気を博しテレビ取材などを受けた影響により、軽井沢店は2時間待ちの満席状態になりました。

これからも、軽井沢の大切な歴史的建造物「ハーモニーハウス」を守り続けると共に、軽井沢にお越しになった方に軽井沢の魅力をたくさん届けて行きます。

PAGE TOP